2013年

6月

18日

チアリーダー赤塚このみさんがフェイスブックで応援

18日の上映に、アッカー倶楽部・チアリーダーの赤塚このみさん(写真)が観に来てくれた。映画の主人公である渡辺容子さんの前向きな生き方に共鳴した赤塚さん。「この映画をもっと多くの人に観てもらいたい。それにはフェイスブックを活用しなくちゃ」とさっそくiPadを広げて、指南してくれた。彼女のホームページ(アッカー倶楽部)には「過去は変えられない。未来はわからない。だから前向きに生きよう!」の言葉が掲げられていた。上映は28日まで続く。フェイスブック活用で少しでも広げたい。写真=上映後「カフェ」にて。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    issei (金曜日, 21 6月 2013 17:16)

    写真の笑顔を見るだけで、内容が素晴らしいんだろうな、だから応援するんだな、と伝わってくる。映画、ぜひ見てみたいと思います。

  • #2

    makomama (金曜日, 21 6月 2013 19:43)

    前向きな方は前向きな人が大好きなんですね。作品が気になりました。28日までまだ間に合うので、是非時間作って行きたいです。

  • #3

    inochiyoko (金曜日, 21 6月 2013 20:05)

    28日まで午前11時1回上映です。東京ではしばらく上映はないと思いますので、ぜひお越しください。

  • #4

    宮西ナオ子 (土曜日, 22 6月 2013 14:21)

    このみさん、ぜひとも拝見させていただきます(⌒▽⌒)

  • #5

    森 りの (土曜日, 22 6月 2013 16:10)


     映画観ました~てか、私がオススメました(*^_^*)容子さんのたくましさに勇気をいただきました。「生きざまは死にざまだ」。と納得しました。自分が主治医で、自分で選択する! 本当にその通りですね。医者任せで、無駄な治療で死んでいく人は多いですから。近藤先生の本も81万部以上売れていますし、やっと医療への疑いと、意識改革がはじまります。この映画を一人でも多くの方に、観ていただきたいです。

  • #6

    inochiyoko (土曜日, 22 6月 2013 19:13)

    森りのさん、観ていただきありがとうございました。残るは、あと28日まで6回の上映となりました。拡散宜しくお願いします。